ゲスト向け
2021/10/27(水) 00:00

旅先で荷物を1週間預けたい!荷物預かりサービスを利用するには?

荷物預かりコンテナ

引越しやリフォーム、荷物の整理などで部屋を片づける際、起こりやすい問題の一つに「保管場所の確保」が挙げられます。特に家具や家電などの大きな荷物は、個人での運搬が難しい、近くに保管できるようなスペースがないなど、頭を悩ませることも少なくありません。


個人で荷物を保管することが難しい場合は、荷物預かりサービスの利用を検討するとよいでしょう。この記事では、荷物を自宅以外の場所へ移さなければならないときに活用できる、荷物預かりサービスについて解説します。

荷物預かりサービスってなに?

荷物預かりサービスとは、自宅やオフィスで収納できずにいる荷物を、倉庫やトランクルームなどで短期間預かる有料サービスです。まずは、荷物預かりサービスの概要をチェックしましょう。

自宅以外の場所で荷物を保管可能!

荷物預かりサービスは多くの場合、引越し業者やトランクルーム業者が提供しています。

引越し業者の荷物預かりサービスは、引越しで一時的に荷物を移動する際などに、引越しを依頼している業者へ同時に依頼できるのがメリットです。新居の入居日より前に、現在住んでいる家を退居しなければならない場合などは、引越し業者の荷物預かりサービスを利用することでスムーズな荷物の移動ができるでしょう。



一方、トランクルーム業者の荷物預かりサービスは、荷物専用のコンテナや屋内スペースなどに荷物を預けます。預かり場所が全国各地にあるため、自宅近くで荷物を保管しておきたい方や、自宅で収納できない荷物を一時的に外部で預かってほしい方などにおすすめです。

ただし、地域によってはトランクルーム自体が少なかったり、空きがなかったりして希望するエリアで荷物を預けられないこともあります。


引越しなどで荷物を一時的に移動しなければならない場合や、家具や家電などの保管場所に困った場合は、荷物預かりサービスを活用すれば無理に処分せずとも済むでしょう。また、個人だけでなく、限られたスペースで業務を行なっている中小事業などでは、使用頻度の低いオフィス用品や商品の在庫を外部に預けることでオフィスを有効活用できます。

荷物預かりサービスはどこで利用できる?

先ほども少し触れましたが、荷物預かりサービスを提供しているのは、おもに引越し業者やトランクルーム業者です。利用には、引越し業者へ見積もりを依頼したり、トランクルーム業者へ申し込みをしたりする必要があります。


特に引越しの予定もなく、面倒な手続きを省いてすぐに荷物を預けたい方は、インターネットで全国の空きスペースを探せる「モノオク」の利用も視野に入れてはいかがでしょうか。荷物を預けたい方と空きスペースを活用したい方をつなぐモノオクなら、登録から決済までWeb上で完結できるため、簡単に利用できます。

荷物を1週間預ける方法は?

並ぶコンテナ

少ない荷物を数日預けたいのであれば、スーツケースなどにまとめて大型コインロッカーに入れたり、運送業者の荷物預かりサービスを利用したりすることで対応できます。


しかし、何らかの事情でコインロッカーなどに入りきらない荷物を1週間程度預けなければいけない場合、どのような方法があるのでしょうか。以下では、3つの方法を解説します。

引越し業者に依頼して荷物を預かってもらう

多くの引越し業者では、荷物の預かりサービスが提供されています。預けられる荷物の量や期間、料金は引越し業者によって異なりますが、引越しと同時に荷物を預かってもらえるため、手続きが1度で済むのがメリットです。

ただし、預けている荷物を自由に出し入れすることはできません。また、保管場所の環境(空調設備の有無など)に差があるので、温度や湿度管理・換気が必要な荷物は預けられない場合があります。

トランクルームに荷物を預ける

トランクルームには、コンテナなどの屋外タイプと、倉庫やビル内フロアなどの屋内タイプがあります。いずれも利用には申し込み手続きが必要で、必要書類を送付後に審査が行なわれるのが一般的です。審査通過後、初期費用の支払いが済むとトランクルームの鍵が届くので、各自で荷物を搬入しましょう。

このように、トランクルームを利用するには手続きや審査があり、申し込みから利用までは1週間~10日程度がかかります。そのため、すぐに荷物を預けたい場合や少量の荷物を1週間だけ保管したい場合などには、時間や費用の面であまりおすすめできない方法です。

物置きシェアリングサービスで荷物を預ける

物置きシェアリングサービスとは、荷物預けたい方と荷物を預かるスペースを持つ方・店舗をつなぐサービスを指します。荷物を預ける期間やスペースは預け先のホストと相談して決められるため、引越し業者やトランクルーム業者に比べると、荷物を預ける方の希望が通りやすいことが特徴です。

物置きシェアリングサービスのモノオクでは、荷物の預け入れが可能なスペースが数多く登録されています。店舗の一角や住宅の空き部屋など、さまざまな空きスペースを希望のエリアから探せるため、自身の都合や預けたい荷物に合わせた保管場所を見つけられるでしょう。

借りたいスペースが決まったら、スペースを保有しているホストに荷物の内容と預けたい期間を直接相談します。依頼者とホストの双方が預け入れ内容に合意して支払いを行なえば、すぐにスペースの利用が可能です。

1週間の荷物預かりで困ったらモノオクで解決!

「自宅で保管できない荷物を1週間だけ預けたい」という方は、荷物の預け先をさまざまな条件で探せるモノオクを検討してみてください。

以下では、1週間の荷物預かりにモノオクが役立つ理由をご紹介します。

1週間の荷物預かりでモノオクが役立つ理由

モノオクは登録から決済まで、利用手続きをすべてWeb上で済ませられます。そして、支払い後すぐに荷物を預けられる点も大きなメリットでしょう。

また、モノオクの利用には初期費用や管理費用がかからないため、借りるスペースの月額料金のみで荷物を預けられます。1ヵ月単位の最低料金が設定されており、例えば1畳分のスペースを借りる際の月額最低料金は、東京都内で6,000円、東京都外で3,000円です。1週間の利用でも最低料金未満にはなりませんが、他の荷物預かりサービスと比べるとリーズナブルなスペースが多く登録されています。


もし、予定が変わって荷物の預かり期間を延長してもらいたい場合は、ホストに確認してみてください。荷物の預け入れ期間や延長の可否はホストとの相談次第のため、柔軟に対応してもらえる可能性は高いでしょう。預けたい期間が曖昧な場合は、事前に延長の可否や費用についてホストに聞いておくと安心です。

モノオクには荷物の出し入れを比較的自由に行なえるスペースが多くあり、引越しの都合や一時的な保管など、状況に合わせて荷物を整理・移動できます。そのため、こまめに荷物を出し入れしたい方にもおすすめです。

まとめ

「荷物を短期間だけ預かってほしい」といったケースは、予期しないタイミングでやってくることがあります。自宅以外の場所で荷物を保管できる荷物預かりサービスを提供しているのは、おもに引越し業者、トランクルーム業者、シェアリングサービスの3つです。それぞれにメリット・デメリットがあるため、保管したい荷物の種類や量、都合に合わせてサービスや業者を選びましょう。

「引越しや住宅設備の修繕で短期間荷物を移動させたい」「来客に向けて部屋の不要な荷物を一時的に隠したい」などのように、自宅以外の場所で荷物を短期間保管したいことがあるでしょう。そういった場合は、自宅近くで即日利用可能な「モノオク」の利用を検討してみてください。

トップに戻る